ハコラボ
ハコラボ物語プロローグ
ハコラボ
お問い合わせはこちらから ハコラボ資料ダウンロード

ハコラボ砂栽培農業革命! ハコラボとは?

・植物の品種改良/栽培法確立の実験のサイクルを早くしたい!
・新しい付加価値野菜を効率的に生み出す為、一度に多品種の実験をしたい!
・葉物野菜以外の根菜類も室内完全人工光型栽培で生育させたい!
生育環境が同じに再現できる装置がほしい!=「テロワールの制約を超えて」
・研究開発した栽培法をデータベース化して知財として残し、活用したい!
・栽培法が確立したら、大規模な砂栽培植物工場ユニットとして展開したい!
自分のあるいは自分達のの植物栽培(根菜類を含めた)を楽しみたい!

ハコラボ こうした課題を解決!!

多くの農業に従事する研究者、農家、企業、大学、高校などの教育機関、皆様方のご要望にお応えいたします。私達はこれらの課題を解決する最も有効な手段として
砂栽培に着目して研究を重ねてきました。このシステムの根幹技術は、

①LED技術
②点滴灌水技術
③IT技術
の融合です。

特に今迄砂栽培の課題の一つであった保水性の確保については、特殊なドリップチューブにより点滴灌水で植物にタイムリーに対応供給するということが可能となり、新しい品種改良や栽培法の確立に大きく貢献できます。

ハコラボ

ハコラボ ハコラボの特徴

◎品種改良と栽培法開発のための植物栽培実験装置で様々な機能を具備
◎培地としてを使用することで、水耕栽培の問題点を克服

・多くの条件で並行実験する為、密閉状態セルを複数個集積
・人工光(LED)をプログラム制御で照射
・水と養液の2系統のドリップチューブを使用してプログラム制御で点滴供給
・CCDカメラ+温湿度センサーで生育状態をモニター+記録
・プログラム制御によるベンチレーション(ファン使用)
・ネット接続でデータベース化+遠隔制御
・同一環境が容易に再現可能
・小型かつ砂厚も変更可能
・安価

・栽培法の利用
・他の砂栽培施設への援用
・露地栽培・ハウス栽培(養液)への栽培法の援用
・砂栽培植物工場への展開が容易
・成果(栽培方法の確立)の適用
・情報共有化

ハコラボハコラボってどんな感じ?

・コンパクトなボックス=箱型容器(縦78cm,横61cm,奥行き61cm)に砂を入れた植物栽培法研究/開発装置=ラボラトリーから命名したもので、多くの異なる栽培条件を同時並行的に実行し、同一環境を容易に再現し、各要因の影響を評価するツールとして開発されました。
・植物栽培実験装置「ハコラボ」は完全屋内人工光型の植物栽培ユニットです。空調を施し、フレームに「砂床とLED照明、灌水装置、各種センサーやファンなどを設置して、コンピュータで監視、制御を行います。様々な植物の品種の生育環境に応じた最適な栽培環境を探求でき、データベース化します。

ハコラボ ハコラボ ハコラボ 砂栽培研究開発室(インキュベーションセンター)で公開中

ハコラボ砂栽培

培地には完全消毒したを使用します。最先端技術を利用し、少量の培液を定量灌水できる特殊なドリップチューブで点滴灌水し、安定した水分補給が可能となり、灌水量もコンピュータ制御できるため、生育段階に応じた灌水技術を行えます。このことにより大きな樹木を除き、殆どの植物(葉物以外の根菜類など)の栽培が可能となります。

ハコラボ インキュベータの必要性

・インキュベータとは新たな発見や、付加価値を創造する為の研究・実験環境です。日本のお家芸である「ものづくり」は、日本を代表する自動車産業に顕著に見られるように、研究開発から製造、販売の一連の工程の中で、特に研究開発は激しい競合に勝ち残って行くため、秒進分歩の凌ぎを削る最も重要な部門です。

・同じように農産物の生育に於いても多くの栽培ノウハウが受け継がれ、品種改良や新しい付加価値等を生む栽培法が効率的に研究開発できるインキュベーターの環境と支援ツールが不可欠です。しかしながら、露地栽培のノウハウは栽培地の天候、土壌の要因に依存する面が多く,他の条件の土地での応用は困難が予想されます。

・こういった栽培ノウハウを継承し、新たな付加価値、品種改良を生み出してゆくためには、天候、土壌などの生育環境要因を正しく把握し、いつでも、どこでも、再現可能な(すなわち工場栽培可能な)栽培法に転化させてゆく必要があります。ここに「ハコラボの優位性が発揮されます。

「ハコラボ」販売代理店
株式会社ウィリングス 砂栽培研究開発室(インキュベーションセンター)

〒224-0041
神奈川県横浜市仲町台1-18-19
サンシャインハイム103
TEL:045-500-9260 (09:00~17:30)
FAX:045-500-9260


株式会社ウィリングス本社
〒224-0032
横浜市都筑区茅ヶ崎中央9-3
グラディスセンター南コート403
TEL:045-516-1159
FAX:045-568-3749
URL:http://willings.jp